グレーテルのかまど アップルパイ レシピ

2014年11月14日放送

 

アメリカ開拓時代の人物 ジョニーアップルシード。

アメリカ開拓時代をイメージした、

素朴なアメリカンアップルパイのレシピが紹介されました!

 

●ジョニーアップルシードのアップルパイ

 

リンゴ農家ならではの、

ゴロッとしたリンゴのアップルパイでした。

 

リンゴの皮も一緒にフィリングに入れているので

赤いフィリングがとてもきれいでした。

バニラアイスを添えて食べても◎

材料


スポンサードリンク

 

 

◆ 23.5cmの丸型1個
<パイ生地>
 薄力粉 420g
 ショートニング 225g
 グラニュー糖 15g
 塩 4.5g
 冷水 135ml 冷蔵庫で冷やした水
<具材>
 リンゴ(紅玉) 4個
 グラニュー糖 100g
 ブラウンシュガー 50g
 タピオカ粉 大さじ1
 コーンスターチ 大さじ1
 薄力粉 大さじ1/2
 シナモンパウダー 小さじ2
 ナツメグパウダー 小さじ1/4
 バニラエッセンス 少々
 卵 適量 仕上げ用に溶いた卵

楽天市場のタピオカ粉 リンク集

楽天市場のブラウンシュガー リンク集

作り方

生地をつくる

【1】

ボウルに薄力粉とショートニングを入れ、

カードでショートニングが約3㎜の塊になるまで細かく切り混ぜる

 

【2】

グラニュー糖と塩、冷水を加えて混ぜる。
※サクサクな生地にするため練りすぎないこと。

 

【3】

台に取り出し、ショートニングの塊がなくなるまでカードで切り混ぜる。

 

【4】

でき上がりの生地から4分の1を取り出し、

2等分して円柱に形を整え、

ラップに包んで3時間から一晩冷蔵庫でねかせる。

 

【5】

残りの4分の3を2等分して、円柱に形を整え、

ラップに包んで3時間から一晩、冷蔵庫でねかせる。

 

【6】

ステップ4の生地を棒状にのばし、

麺棒で幅5センチ・長さ45センチほどにのばし、冷蔵庫で約30分休ませる。

 

【7】

ステップ6の生地を1.5センチ幅にカットして、

三つ編みにする。2本作り、冷蔵庫で保管する。

 

【8】

ステップ5の生地を2枚、

直径約30センチの円になるようにのばし、冷蔵庫で約30分休ませる。

 


スポンサードリンク

 

具材/フィリング

【9】

リンゴをよく洗い、皮ごと大きめに切り落とす。

リンゴをさらに半分にカットする。(大きさはバラバラでもよい)
※皮を残すと水分が出にくくなり、生地が水っぽくなるのを防ぎます。

 

 

【10】

グラニュー糖とブラウンシュガーを混ぜ、よくからませる。

 

【11】

シナモンパウダー、ナツメグパウダー、

バニラエッセンスを加え、よくからませる。

 

【12】

タピオカ粉、コ-ンスターチ、薄力粉を混ぜ、よくからませる。

 

タピオカを入れることで、リンゴの水分を吸ってくれて、

トロミをつけながらもドロドロにはならないんだそうです。

 

【13】

パイ型にショートニングをぬり、(8)の生地1枚を敷く。

 

【14】

(12)を、パイ生地に盛りつける。

ボウルに残った汁はすべてかける。

(中央が高くなるアーチ状に盛りつける)

 

【15】

パイ生地の接着面(縁)に卵をぬり、

もう1枚のパイ生地を上からかぶせて、接着面を指で押さえる。

 

【16】

型からはみ出した縁の部分をカードで切り落とす。

 

【17】

表面全体に卵をぬり、

ステップ7の三つ編みにした生地を周りに飾り、

その表面にも卵をぬる。

 

【18】

ナイフで表面に穴を数か所あける。

 

【19】

210℃のオーブンで30分、190℃で15分焼く。

焼けたら型ごと常温で冷ます。

 

 

感想

アメリカの歴史に詳しくないので、

ジョニーアップルシードを知りませんでしたが、

アメリカにリンゴの木を植えて回った人なんだそうです。

 

私がよく作るのは、

大き目のリンゴのフィリングをキャラメリゼして

ちょっとネッチリしつつも歯ごたえを残すくらいが好きなんですが、

皮ごといれてりんごそのものを味わうようなアップルパイは

食べたことがないので興味津々です!

 

タピオカ粉(キャッサバ)を入れるというのも

面白いアイデアだと思いました!

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ