グレーテルのかまど ポーポー レシピ

NHK グレーテルのかまど 2014年7月11日放送

 

沖縄の家庭のおやつ ポーポー 

薄いホットケーキをくるくる巻いたようなお菓子なんだそうです。

 

見た目もとてもかわいくて手軽に作れそうなのがいいですね!

 

沖縄バンド MONGOL800の

「カモドー小(ぐぁ)」という歌のにも出てくるそうです。

 

 

 

番組で紹介された 黒糖入り

楚辺(そべ)ポーポー


スポンサードリンク

 

材料

◆直径4cm 長さ20cm 約9本分

<生地>
薄力粉 250g
ベーキングパウダー 10g
卵 100g Mサイズ2コ分
牛乳 50ml
サラダ油 35g
水 200ml
黒糖 175g

 

作り方

準備:

薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

 

【1】鍋に水、黒糖を入れ混ぜながら2~3分火にかけて黒糖を溶かす。

そのまま粗熱がとれるまで冷ましておく。

 

【2】ボウルに卵を入れて泡立て器でよく溶きほぐす。
ステップ1のシロップをおよそ2/3程度加えて混ぜ、

粉類を加えてなめらかな状態にしてから残りのシロップを加える。

 

【3】牛乳を加えて混ぜ、サラダ油を加えてさらに混ぜる。
ラップをして30分以上休ませる。

 

【4】フライパンを温め、ぬれ布巾の上で少し冷ましてから、

生地(約80g)を流し直径20cmくらいに広げる。
※フッ素樹脂加工でないフライパンの場合は、薄くサラダ油をひく。

 

point

一気に広げるときれいな丸になるようです。

 

 

【5】中火で、表面が固まって縁に色がつくまで焼いて

ひっくり返し両面を焼く(両面で2分弱)。

 

【6】まな板の上において熱いうちに巻く。

 

point

冷めてから巻くと、生地が割れたりするとのことです。

 

食べごろは、出来たてがおすすめです。

保存する場合は、乾燥しないようにラップで巻き、

 

翌日以降は、冷蔵庫で2~3日中にお召し上がり下さい。
冷めて硬くなったものはレンジで少し温めてください。

 

 

 

 

 

できたてがおいしい素朴なお菓子

伝統的な油味噌を入れたレシピ

ポーポー

材料

◆直径3cm 長さ20cm 約5本分

 

<油みそ>
ラード 5g
白みそ 50g
砂糖 30g
ショウガ みじん切り小さじ1杯
<生地>
薄力粉 90g
ベーキングパウダー 2g
水 150ml
サラダ油 小さじ1杯

 

 


スポンサードリンク

 

作り方

【1】フライパンにラードを入れ火にかけて溶かし、

白みそ、砂糖を加えてへらで練るように混ぜる。

 

1、2分してツヤが出たらショウガのみじん切りを加えてなじませる。

器にとって冷ましておく。

 

【2】ボウルに粉類を入れて中央をくぼませ、

分量の水をおよそ2/3程度入れて、ダマができないように混ぜる。

残りの水を加えてのばしたら、サラダ油を加え混ぜる。

 

point

水は少しずつ入れることがポイントなんだそうです。

 

【3】フライパンを温め(フッ素樹脂加工でない場合は薄くサラダ油をひく)

ぬれ布巾の上で少し冷ましてから、

生地(約50g)を流し直径20cmくらいに薄く広げる。

 

【4】表面が乾いたらひっくり返して両面を焼く。


※ひっくり返す時は、フライパンにじかに触れないようご注意ください。

適宜、フライ返しや箸など利用し、やけどをしないように!

 

【5】まな板の上に置き、全面に油みそを薄く塗り、巻く。

 

point

油味噌は入れすぎると、横からブニュっと出てきてしまうので

少しだけ塗るのがポイントなんだそうです。

 

乾燥しないようにラップで巻いて保存。
時間がたつと硬くなるので、常温で早めに食べるのがおすすめです。

 

 

 感想

瀬戸さんの感想では、伝統的な油味噌入りを食べたら

「スイーツというより軽食という感じがする」という感想でした。

 

黒糖入りのあまいポーポーの方が好評だったようです。

黒糖入りというのが沖縄っぽい感じでいいですね!

すごく手早くできるレシピなので、私も黒糖入りの方を

作ってみたいなと思いました!

 

 

関連記事

グレーテルのかまど

イギリスの国民的スイーツ レモンパイのレシピ
http://hirunandesufan.blog.so-net.ne.jp/2014-07-04-1
 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ