レシピの女王 マヨネーズで鶏むね肉のから揚げをジューシーに 和風ライスクリスピーチキン

ヒルナンデス 2014年7月14日放送

 

さすが二次予選という感じで、今回は3人のレシピ全部
おいしそうで作ってみたいものばかりでした!

 

 

和風ライスクリスピーチキン~旨みたっぷりにんにくトマトだれで~


スポンサードリンク

 

材料(3人分)

鶏むね肉(大・1枚)

〈A〉
はちみつ(小さじ2)
しょう油(大さじ1)
マヨネーズ(大さじ1)
片栗粉(大さじ1)
ごま油(大さじ1)
粗挽き塩(少量)
粗挽きこしょう(少量)
すりおろししょうが(小さじ1/2)
すりおろしにんにく(小さじ1/2)
————————————–

●たれ
にんにく(1片)
トマト(小・1個)
玉ねぎ(小・1/2個)
〈B〉
トマトケチャップ(大さじ1/2)
砂糖(大さじ1/2)
しょう油(大さじ1)
酢(大さじ1)
レモン汁(大さじ1)
鶏皮(1枚分)

ハーブソルト(少量)

●衣
米粉(薄力粉でも可能・大さじ4)
片栗粉(大さじ4)
ご飯(60g)
粗挽き塩こしょう(小さじ1)
黒ごま(大さじ1)
———————————-
かぼちゃ(適量)
カレー塩(適量)
———————————-
きゅうり(適量)
酢(大さじ2)
砂糖(大さじ1)
ブラッックペッパー(少量)
塩(少量)

作り方

【1】
鶏むね肉は皮を取り、フォークでところどころ穴をあけます。

9等分してビニール袋に入れます。

ビニール袋の上から鶏肉にマヨネーズやはちみつを揉み込み、

残りの〈A〉の調味料を入れて、空気を抜いておいておきます。

 

 

<鶏肉がパサつかない 青木さんのアイデア>

マヨネーズには、酢と塩、油が入っているので鶏肉をやわらかくし、

卵の乳化作用で鶏肉を均一にコーティングするのに

適しているのではないか、とのことでした。

 

お肉にマヨネーズでコーディングすることで
水分が肉から出るの防ぎ、お肉をジューシーに
仕上げるそうです。

 

審査員シェフも「お肉が柔らかくなっている!」

と褒めていました。

 

【2】
玉ねぎは細かいみじん切りにして水にさらします。

かぼちゃは種を取ってスライスします。

きゅうりはスライサーでスライスし、調味料につけてピクルス風にしておきます。

 

【3】
トマトは湯剥きして種を取り、角切りにします。

細かく切った鶏の皮に少量酒をまぶし、こんがりするまで焼きます。

そこへみじん切りのにんにくを入れて良い香りを出します。

 

【4】
ボウルに(3)のトマト・〈B〉の調味料を入れて混ぜ、

水気をしっかり切った玉ねぎを加えます。

その上からこんがり焼いた鶏皮を油とともに入れて混ぜます。

ハーブソルトで味を調えます。

 

【5】
衣の材料を全て混ぜておきます。

170℃の油でかぼちゃを素揚げし、カレー塩をまぶしておきます。

point

衣に黒ゴマやごはんを使うことで、クリスピーな食感に

なるそうです。

 

【6】
180℃の油で衣をつけた(1)のお肉をこんがり揚げます。

【7】
皿にお肉・器に入れたトマトだれ・フライドパンプキン

・きゅうりのピクルス風を飾ります。

審査員シェフのコメント

ラ・ロシェル 坂井シェフ

「難しい鶏むね肉をあれだけジューシーに揚げられていたのがよかった」

 

イルギオットーネ 笹島シェフ

「トマトのソースがにんにくが強すぎて、ダイレクトに香りがすごく強くした。

にんにくを直接入れずに、油ににんにくの香りを移したものを入れたら

よかったのではないかと思う」

 

美虎 五十嵐シェフ

「家にあるもので、手軽に作れるのがいいと思った」

感想

家庭にある材料で安く作れるところがとてもいいと思いました!

小さいお子さんがいるお家では重宝されそうです。

 

我が家は揚げ物をしないので、オーブンか魚焼きグリルで表面に

油を塗ってこのレシピで作ってみたいと思います。

 

 

 

惜しくも敗退

普段脇役になってしまうひじきを主役にしてしまおうというレシピです。

ダイエッターにはピッタリのヘルシーレシピです。

ひじき煮deイタリアンロール2種 ひじきがおしゃれに大変身

 材料(3人分)

〈A〉
ひじき(100g)
こんにゃく(50g)
ミックスビーンズ(50g)
めんつゆ(2倍濃縮・大さじ2)
水(大さじ2)

●ひじきロール2種類
油揚げ(三角か長方形・2枚)

〈B〉
味噌(大さじ2弱)
にんにく(チューブ・少量)
酒(大さじ1)

〈トマトバジル巻き〉
〈A〉のひじき煮(1/3)
鶏ミンチ(80g)
豆腐(30g)
生のバジルの葉(8〜10枚)
プチトマト(4個)
米粉(大さじ1強)
塩(少量)
こしょう(少量)

〈えびアボカド巻き〉
〈A〉のひじき煮(1/3)
生えび(殻つきで・120g)
豆腐(30g)
ねりごま(あれば・大さじ1)
アボカド(1/2個)
米粉(大さじ1)
塩(少量)
こしょう(少量)

●2種のホワイトソース
豆乳(300cc)
バター(10g)
米粉(大さじ3弱)
塩(適量)
こしょう(適量)

〈トマトオリーブソース〉
プチトマト(4粒)
黒オリーブ(適量)

〈レモンパセリソース〉
レモン汁(1/4こ分)
パセリ(適量)

●切り干し大根とひじきのカレーサラダ
〈A〉 のひじき煮(1/3)
切り干し大根(15g)
玉ねぎ(1/2個)
カレー粉(小さじ1)
ローストナッツ(お好みで・15g)
ベビーリーフ(飾り付け用・2枚)

 


スポンサードリンク

 

作り方

【1】
お湯を沸かし、切り干し大根にひたひたに注ぎ(戻すため)、

残りは油揚げにかけて油抜きをします。玉ねぎは薄切りにし、

水にさらしておきます。

 

【2】
簡単ひじき煮を作ります。こんにゃくを5mm角に切ります。

鍋に〈A〉を入れ、中火で蓋をして2〜3分味をしみ込ませます。

その後蓋を取り、水分を飛ばしたらバットに取り冷まします。

 

【3】
油揚げはキッチンペーパーで水分を取り、菜箸を押さえつけるように転がしたら、

3箇所切り落として正方形に開きます。

その内側に〈B〉を混ぜ合わせたものをぬります。

 

【4】
中身2種類を作ります。プチトマトは4つ切り、バジルの葉はザク切り、

アボカドは1cm角に切ります。

豆腐はキッチンペーパーで水を切ります。えびの殻をむき、

背わたを取って包丁でたたきます。

〈トマトバジル巻き〉
ボウルにトマト以外を入れ、よく混ぜたら最後にアボカドを入れさっくり混ぜます。

(3)の油揚げに広げ、くるっと巻きます。(巻き寿司の要領で。)

〈えびアボカド巻き〉
ボウルにアボカド以外を入れ、よく混ぜたら最後にアボカドを入れさっくり混ぜます。

(3)の油揚げに広げ、くるっと巻きます。(巻き寿司の要領で。)

 

【5】
フライパンにオリーブオイルを熱し、2本のロールの巻き目を下にして焼きます。

両面に焦げ目をつけたら巻き目を下にして水を少し入れ、蓋をして蒸し焼きにします。

(7〜8分。両面に2箇所程つまようじを刺すとくずれにくいです)

 

【6】
ソースを2種類作ります。鍋に豆乳・米粉を入れ、よく混ぜたら火にかけ、

塩・こしょう・バターも加え、とろみがつくまで混ぜ、ホワイトソースを作ります。

〈トマトオリーブソース〉
黒オリーブをみじん切り、トマトも細かく切ります。

(6)の1/3を入れ、混ぜます。

 

【7】
残りの材料でサラダを作ります。残しておいた切り干し大根をしぼり刻みます。

玉ねぎは軽くしぼります。ナッツは荒く刻みます。

残りのひじき煮、ホワイトソースにサラダの材料以外を入れ、

混ぜたら塩で味を調えます。

 

【8】
ロール巻きは最後に蓋を取って水分を飛ばし焼いたら、

1本を6〜8等分に切ります。

器に2種のロール巻きとサラダを盛り、ソースを添えたら出来上がりです。

審査員シェフのコメント

美虎 五十嵐シェフ 

「もうちょっと食感のメリハリのあるものを中に入れたらよかったと思う」

 

イルギオットーネ 笹島シェフ 

「冷めてもおいしくてお弁当のおかずにも合う。

家庭料理にしては、食材が多くて手軽さが欠けていた」

感想

ひじきとアボカド+えび

ひじきとトマト+鶏ミンチ

って合うのか興味あります。

 

お寿司のようにくるくるまいて、焼いてからカットするので、

彩もとてもきれいで、ぜひ作ってみたいと思いました!

 

偶然にも今回油揚げで巻いて焼いたり蒸したりというレシピが

かぶってしまいました。

 

ヒルナンデスのむちゃぶりワンコインオファーで、

今回審査員をした 「美虎」オーナーシェフ五十嵐さんのレシピに

インスパイアされたのかなと思いました。

 

 

 

惜しくも敗退

さきイカを入れることでグッとコクを出し、
蒸し上げることで超ヘルシーに!

ちょっぴりピリ辛な、イカした信太巻。~チキンスープを添えて~

材料(3人分)

鶏もも肉(皮なし・150g)
玉ねぎ(30g)
しいたけ(1個)
ひじき(戻したもの・20g)
絹さや(6枚)
柚子こしょう(小さじ1/4)
●ごぼうチップス
ごぼう(1/4本)
油(適量)
卵(1個)
さきイカ(25g)
油揚げ(3枚)
〈A〉
鶏がらスープの素(小さじ1)
オイスターソース(小さじ2)
水(1カップ)
片栗粉(少量)
●餅クリーム
餅(3枚・スライスしたもの)
豆乳(75cc)
さきイカ(30g)
ブラックペッパー(適量)
●チキンスープ
鶏皮(1枚)
のりの佃煮(小さじ3)
万能ネギ(6g)
ブラックペッパー(少量)
●ソース
ケチャップ(大さじ6)
豆板醤(小さじ3)
わさび(小さじ1)

 

作り方

【1】
油揚げを〈A〉の調味液で煮ます。(油揚げは先に開いておきます)

【2】
フードプロセッサーでさきイカを細かく刻み、餅・豆乳と合わせます。

レンジで(600wで2分間)餅を溶かします。その後、ブラックペッパーを入れます。

【3】
フードプロセッサーで鶏もも肉・玉ねぎ・しいたけを入れ、細かく刻みます。

その中に2mmにカットした絹さやとひじき・卵・さきイカ・

柚子こしょうを入れて混ぜます。(ねばりが出るまで)

【4】
油揚げに(3)をのせ、その上に(2)をのせて巻きます。

その時、片栗粉を油揚げにまぶします。

【5】
ラップでくるみ、蒸し器で12分蒸します。

【6】
ごぼうをスライス(千切り)し、油で揚げます。

【7】
鶏皮を500mlの水に入れてだしを取り、その後、鶏皮を揚げます。

だしにブラックペッパーとのりの佃煮、万能ネギを入れます。

鶏皮は小さくカットします。

【8】
盛りつけます。ソースの材料は合わせて、皿に盛ります。

審査員シェフのコメント

ラ・ロシェル 坂井シェフ

「ちょっと半生だったから、

もうちょっと中の具材に火を入れたらよかったのではないか」

 

美虎 五十嵐シェフ

「身近にあるもので作れているのがよかった。

豆板醤とわさびの組み合わせがここまでおいしいのが意外だった。」

感想

さきイカは砂糖や塩などで薄く味付けして乾燥させて、

旨みをギュッと閉じ込めた食品なので、

短時間で旨みを出すのに適した食品なんだそうです!

 

我が家はフードプレッサーやミルサーがあるので作りやすいと

思いましたが、ないご家庭にはさきイカを細かくカットする

のがちょっと敷居の高いレシピなのかもしれません。

 

豆乳におもちとさきイカを中に入れるので、味はおいしそうだと

思いました!

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ