グレーテルのかまど ロールケーキ レシピ

グレーテルのかまど 2014年11月21日放送

 

よしもとばななさんの小説『幽霊の家』の主人公が食べていたロールケーキ。

 

よしもとばななさんのロールケーキのイメージは

「地味だけど飽きない感じ」

とのこと。

 

焼き色こんがり巻きはしっかり!

クラシカルなロールケーキのレシピが紹介されました。

 


スポンサードリンク

 

 

●よしもとばななのロールケーキ

 

材料

◆ 直径 約10×36㎝(生地の厚さ 約2㎝)1本分
スポンジ生地
 卵黄 120g Mサイズ 6個分
 上白糖 120g
 卵白 180g Mサイズ 6個分
 薄力粉 100g
 バター 60g
クリーム
 生クリーム 200g
 粉砂糖 16g
 栗(くり)の渋皮煮 約11粒

 

 

作り方

生地

【1】卵黄に上白糖を30g加えて泡立て器でしっかりと混ぜる。

【2】卵白を軽くほぐしてから上白糖90gを加える。
※きめ細かい生地にするために上白糖は泡立てる前に入れること。

 

【3】ステップ2をハンドミキサーで軽く筋が残るくらいまで泡立てる。
※泡立てすぎず、柔らかくノビのある状態にすること。

いつもよりは角が柔らかく、少しねるくらいの泡立て具合にする

と良いそうです。

 

【4】31を加えてゴムべらでムラなく混ぜる。

【5】4に薄力粉を粉ふるいで直接ふるいながら入れて、

底からすくい上げながら滑らかになるように混ぜる。

【6】

温かく溶かしたバターをゴムべらで受けながら加え、丁寧に混ぜる。
※バターが混ざればOK。混ぜすぎないこと。

混ぜすぎるとメレンゲが潰れてしまうので注意!

 

【7】5を普通紙が敷いてある天板に流し、全体を平らにならす。

【8】天板を布巾の上にそっと落として大きな気泡を抜く。

【9】200℃のオーブンで約12分焼く。

pointは恒温短時間で焼くこと。

 

【10】きれいな焼き色がついて表面を触って弾力があればOK。

すぐに天板から外してオーブン用の紙をかぶせて冷ましておく。

 

紙をかぶせないと乾燥して、巻くときに割れることが

あるそうです

 

クリーム

【11】生クリームに粉砂糖を加えて、氷水で冷やしながら泡立てる。
※泡立て器で持ち上げられるくらいの固さになればOK。

 

仕上げ

【12】生地の側面の紙を剥がしてから、

オーブン用の紙の上に普通紙(普通のコピー用紙)をのせて、

スポンジ生地をひっくり返す。生地の底に敷いていた紙を剥がす。

 

最後テープで張り付けるので、

オーブン用の紙ではなく、コピー用紙を使うそうです。

 

【13】泡立てたクリームをへらでスポンジに広げる。
※生地の端5㎝が薄くなるようにのばす。

 

【14】栗(くり)の渋皮煮を生地の

中央より少し手前のところに1列に並べる。

 

【15】初めは栗(くり)の手前に土手のように芯を作り

その後、下に敷いた紙を使って栗(くり)を包むように生地を巻いていく。

 

point

栗の手前にまで生地を折り込んでから、
全体を巻いていきます。

 

【16】巻き終わったら定規を使って丸く形を整えてテープで紙をとめる。

 

【17】とじ目を下にして冷蔵庫で20~30分冷やして落ち着かせる。

 

感想

私もロールケーキは大好きで、色々作るのですが、

ポイントは最後にしっかり冷蔵庫で冷やすことが

一番のポイントだと思います。

 

 


スポンサードリンク

 

 

次のロールケーキは

モダンなクリームたっぷりタイプのレシピです!

 

●チョコ味のフルーツミニロール

 

材料

◆直径 約8×26㎝(生地の厚さ 約1.5㎝)1本分
スポンジ生地
 卵黄 100g Mサイズ 5個分
 上白糖 100g
 卵白 150g Mサイズ 5個分
 薄力粉 70g
 ココアパウダー 10g
 バター 40g
クリーム
 生クリーム 100g
 砂糖 10g
フルーツ
 フルーツ数種
(イチゴ、オレンジ、キウイ、 バナナ、黄桃(缶詰)など)
100g 細長くなるようにカット
(イチゴ6等分、オレンジの房にとる、
キウイ12等分のくし切り、黄桃半割を12等分のくし切り、バナナ6等分など)

作り方

 スポンジ生地

【1】卵黄に上白糖25gを加えて泡立て器でしっかりと混ぜる。

【2】卵白を軽くほぐしてから上白糖75gを加える。

ハンドミキサーで軽く筋が残るくらいまで泡立てる。
※泡立てすぎないこと、柔らかくノビのある状態にすること。

 

【3】21を加えてゴムべらでムラなく混ぜる。

【4】薄力粉とココアパウダーを粉ふるいで直接ふるいながら

入れて底からすくい上げるように して滑らかになるように混ぜる。

【5】温かく溶かしたバターをゴムべらで受けながら加え、丁寧に混ぜる。
※バターが混ざればOK。混ぜすぎないこと。

【6】普通紙を敷いた天板に流して、全体を平らにならす。

天板を布巾の上にそっと落として大きな気泡を抜いてから

200℃のオーブンで約12分焼く。

 

【7】きれいな焼き色がついて表面を触って弾力があればOK。

すぐに天板から外してオーブン用の紙をかぶせて冷ましておく。

 

クリーム

【8】生クリームに粉砂糖を加えて下に氷をあてて冷ましながら泡立てる。
※泡立て器で持ち上げられるくらいの固さになればOK。

 

仕上げ

【9】オーブン用の紙の上に普通紙をのせてスポンジ生地をひっくり返す。

底に敷いていた紙を剥がし、生地(長いほうの辺)を半分にカットする。

 

【10】泡立てたクリームを半分(約50g)のせ、へらでスポンジに広げる。

【11】カットした4種類のフルーツを1列ずつ等間隔に並べて軽く押さえ、

上に残りのクリームをおいてやや真ん中が盛り上がるようにならす。

 

【12】真ん中に残りのフルーツ(イチゴ)を1列に並べ、軽く押さえる。

 

【13】下に敷いた紙を使って生地の端と端を合わせて巻いていく。

【14】普通紙の上から定規でしめて紙をテープでとめる。

丸く形を整えて冷蔵庫で20~30分冷やして落ち着かせる。
※とじ目が下になるようにする。

 

生モノなので当日中に食べるのがベスト。

遅くとも翌日中までに召し上がってください。

 

感想

瀬戸君はこっちのロールケーキの方を

特においしそうに食べていました。

 

私も生クリームが好きなので、

クリームたっぷりのモダンなタイプが好きです。

 

こちらは生地にココアが入るので、事前に粉を2回

ふるっておく方が良いかもしれないと思いました。

 

ココアとか抹茶はメレンゲをかなり潰してしまうので、

スポンジが固くなりやすいです。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ