栗原はるみ ふたりの週末ごはん ビーフシチュー 

栗原はるみさんのふたりの週末ごはん 2014年12月3日放送

 

●栗原さん流 クリスマスディナー

 

ビーフシチュー

材料(4人分)

・牛肩ロース (塊) 600g

⇒シチュー用のお肉などで代用してもOKとのことでした!
・小たまねぎ 12コ(300g)
・にんじん (小) 2本(250g)
・ブラウンマッシュルーム 2パック(200g)
・じゃがいも 3コ(400g)
・にんにく (つぶす) 2かけ分
・ローリエ 2枚
・セロリの葉 適量
・赤ワイン カップ1
・ドミグラスソース (缶詰) 1缶(290g)
———-
【A】
・トマトケチャップ 大さじ2
・とんかつソース 大さじ1~1+1/2
・ウスターソース 小さじ1
・塩 小さじ1/2
・こしょう 少々
———-
【手づくりサワークリーム】
・水きりヨーグルト カップ約1
 *ボウルにざると紙タオル(不織布タイプ)を

重ねてプレーンヨーグルト(無糖) 1パック(400g)を入れ、

1~2時間おいて水けをきる。
・生クリーム 大さじ2
———-
・塩
・こしょう
・小麦粉
・サラダ油
・バター

 


スポンサードリンク

 

作り方

【1】

小たまねぎは皮をむく。

にんじんは皮をむいて2~3cm厚さの輪切りにする。

マッシュルームは石づきを取る。

じゃがいもは皮をむき、

3等分に切って水にさらし、水けをよくきる。

 

栗原さんは、

水にじゃがいもをさらすのは2~3分なんだそうです。

 

【2】

牛肉は4cm角に切り、塩・こしょう各少々をふる。

⇒4cm角でなくてもOKですが

大きさはそろえてくださいとのことでした。

 

ポリ袋に小麦粉大さじ2と牛肉を入れ、

全体的に粉をまぶす。

小麦粉をまぶすことで、肉汁をとじこめ、

ソースにとろみをつけるそうです。

 

【3】

フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、

にんにくを入れる。

香りがたったら牛肉を加えて

強火でひっくり返しながら表面全てを焼きつけ、

焼き色がついたらにんにくとともに鍋に移す。

 

point

にんにくを焦がさないように注意!

 

【4】

3にカップ5を加えて火にかけ、煮立ったらアクを取り、

ローリエとセロリの葉を加える。

ふたをして弱火で50~60分間煮込む。

 

⇒お肉の大きさによるので30分を目安に竹串を指しながら

煮込んでいきます。

あまり固くない程度まで煮込むのがポイントなんだそうです。

 

このあとまた煮込むのでやわらかく煮込みすぎると

柔らかくなりすぎるそうです。

 

【5】

別の鍋に赤ワインを入れて火にかけ、

煮立ったら中火で7~8分間、半量になるまで煮詰める。

⇒栗原さんのこだわりポイントは、

ここでおいしいワインを使うこと。

おいしいワインを開ける時に1カップ分だけお料理に

使うそうです。

 

ドミグラスソースを加えて混ぜ、

弱火で約3分間煮て火を止める。

 

【6】

4の牛肉が柔らかくなったら、

フライパンにバター20gを熱し、

にんじん、小たまねぎ、じゃがいも、

マッシュルームの順に加えて炒める。

 

⇒栗原さんのこだわりポイントは、

ビーフシチューの時に油はケチらないこと。

せっかくのごちそうなので、

おいしく作りたいですね!とのことでした。

 

野菜の周りが透き通ってきたら4の鍋に加え、

ふたをして中火で10分間ほど煮る。

 

⇒じゃがいもがやわらかい一歩手間くらいになる

時間がポイントで、

10分が5分で良い時もあるそうです!

 

【7】

野菜が柔らかくなったら、

ふたを外して5のソースを加え、

弱火で約30~40分間、時々混ぜながら煮る。

 

⇒様子を見ながら、

スープのとろみを見ながら煮ていきます。

 

ウスターソースは全て入れてOK!

とんかつソースは全部一気に入れると危険なので、

味を見ながら加えてくださいとのことでした!

 

 

【A】を加えて味を調え、火を止める。
〈★メモ〉とろみが足りない場合は、

室温で柔らかくしたバター・

小麦粉各大さじ1を練り混ぜた

ブールマニエを少しずつ加えても。

 

【8】

【手づくりサワークリーム】の材料を混ぜて器に盛り、

好みでビーフシチューに添えて食べる。
〈★メモ〉きのこの炊き込みご飯にかけても、パンと一緒に食べてもおいしい!

 

感想

本当に丁寧に作ったごちそうのビーフシチューでした。

ビーフシチューに生クリームではなく、

手作りサワークリームを添えるのもごちそう感アップ

しますね!

 

試食した感想は

「お肉が柔らかいですね~!!

一番おいしい洋食屋のビーフシチューみたいな味がしますね!」

「サワークリームいいですね!」

とのことでした。

 

 


スポンサードリンク

 

 

ビーフシチューに添えるのは

きのこの炊き込みごはん

材料(4人分)

エリンギ

しめじ

まいたけ

各1パック(100g)ずつ

 

昆布(10cmの長さ)1枚

※約カップ2の水につけて30分間ほどおきます。

 

きのこから水分がたっぷり出るので、

炊き上げる水分を少なくするのがポイントなんだそうです。

 

<米400mlに対して>

しょうゆ⇒すべて薄口しょうゆでもOKとのことです。

薄口しょうゆ

みりん

各大さじ1+昆布だし=360ml

作り方

【1】きのこの切り方はお好みで。大きさは揃えます。

 

【2】調味料を計ってから、

最後に昆布だしを入れて360ccにします。

 

【3】米と1と2を入れて炊飯器で炊きます。
裏ごしの手間不要、簡単スープメーカー

感想

ビーフシチューには白いご飯やバターライスがおいしいですが、

薄味の炊き込みご飯を添えるというのが面白いですね。

 

「炊き込みごはん、合う!」とのことでした。

 

栗原さんのお母さんは和食の人だったので

栗原さんは、旦那さんが栗原さんに作ってくれたのが

人生で初めて食べたビーフシチューだったそうです。

 

「お料理上手な人なんだな」と旦那さんのビーフシチューを

食べて思ったそうで、二人の思い出の料理なんだそうです。

ステキですね!

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ